サイトトップ トップページ ユーザー登録 買い物カゴ 会社概要 お問合せ
■サポート情報
Q&A(ユーザー・出店)
配送・お支払方法
■全商品を見る
■カテゴリー別商品検索
西山ラーメン

一押し商品 縮れ麺を誕生させた歴史を持つ!札幌西山ラーメン 10食セット 全国に2000軒以上に卸している本物の味! お店の紹介

札幌西山ラーメン物語

おいしいラーメンの代名詞・サッポロニシヤマラーメン。
その源流をたどれば、戦後間もないころ、サッポロ二条市場沿いに並んだラーメン屋台にたどりつきます。
昭和22年のある夕暮れどき、二条市場の創世側川沿いの道に、カーバイトの灯りをともした一軒の屋台が現れました。 やわらかな灯りと七輪の中で赤々と燃える木炭の火に引かれて、一人、また一人と集まる人々。

屋台の名は「だるま軒」、店主の名は西山仙治。

だれもが空腹だった時代。 豚骨をじっくり煮込んで採ったスープにラードを効かせた熱々のラーメンが、人々の身も心も温めたことは言うまでもありません。
ラーメンづくりの腕はもちろん、製麺職人としても優秀な腕を持っていた仙治は、他の屋台の麺づくりも引き受けていました。 1950(昭和25年)、お店の繁盛に伴い、製麺量も増えた事から仙治は故郷富山県から従兄弟の西山孝之を呼び寄せ、孝之は麺の製造を担当することになりました。その後、1953(昭和28)年、孝之はだるま軒のラーメン製造部門から独立し、西山製麺を創立しました。 ここから、孝之の獅子奮闘の活躍が始まるのです。
その後、孝之は、札幌でつくられる脂肪分の多い濃厚なスープと味噌スープに合う麺の研究に没頭。
1955(昭和30年)年、卵入り多加水熟成製法により、ついに弾力があって、アシ・コシが強く、スープの絡みのよい「縮れ麺」を誕生させました。
その後、この麺が全国で人気を博し、サッポロ・ラーメンの代名詞と呼ばれるまでに成長・発展し現在に至っています。