サイトトップ トップページ ユーザー登録 買い物カゴ 会社概要 お問合せ
■サポート情報
Q&A(ユーザー・出店)
配送・お支払方法
■全商品を見る
■カテゴリー別商品検索
やきとり

一押し商品
※真空パック詰め状態で発
   送いたします。

お店の紹介

  1968(昭和43)年の創業以来、圧倒的な知名度で知られる美唄焼き鳥店といえば、この「たつみ」だろう。
  もとは銭湯を営んでいた先代が美唄焼き鳥の発案者である三船福太郎氏の店を継いだ柳谷常雄氏のもとで、一から手ほどきを受けたのが始まり。 「そのとき親父は52歳。 私の代替わりまで20年間、手前味噌ですが相当努力したと思います」と、店主の藤本さんは語る。
  現在、一日に焼く本数は平均約5000本、持ち帰りや地方発送がそのうち9割を占める。  朝4時からの仕込みには近隣の主婦20人が集まり、素材のボイルやカット、串刺しと分担作業をこなしていく手際の良さは圧巻の一言。
  塩とコショウの伝統的な味付けに創意工夫を加えた時期もあったが「地元のお客様は敏感です。  親父の味を守る大切さを実感しました」。 先代の20年間の上に今、藤本さんの20年が積み重なろうとしている。  より開かれた美唄焼き鳥の道を模索するたつみの歩みは続く。